人気のスキーバスツアーで注意するべきこと

スキーバスツアーで人気のあるプランというのはどういうものがあるでしょうか。
都市部から近かったり、週末プランが充実していたり、ツアーの内容が豊富であったり、そもそもツアー料金が安かったり、と人気のある理由は色々とあるのではないでしょうか。

そのような人気のあるスキーバスツアーですが、実は落とし穴もあるのです。というのも、そもそも人気があるということはどういうことなのでしょうか。

それは通常よりも人が多く集まるということです。

暮らしを豊かにしてくれるマイナビニュース情報は見逃せません。

人が集まるとゲレンデが混み合います。


ゲレンデが混み合うということはその分リフトに乗るのに長蛇の列ができてしまいます。


そして実際に滑る場合にも人が多くてうまくコース取りができなくなってしまいます。


強引に滑ると他の人にぶつかってしまいます。

ただリフトに乗るだけでも時間がかかる上にゲレンデの頂上に着いたら着いたで今度はまとも滑れないのです。
しかも悲劇はこれだけではありません。

多くの人が同じコースを通過するので午後にはアイスバーンがあちこちにできてきます。


アイスバーンができるとエッジが効かなくなってきて滑るのにストレスを感じるようになってきます。



休憩所も混みますし、ロッカーも空きが無くなるかもしれません。

レンタルはいいものが残っていない可能性があります。

スキーバスのココだけの話をしましょう。

このようなことからスキーバスツアーはただ人気があるというだけで決めるのではなく、ちょっと不便な所でも施設がしっかりしていて、食事がおいしくてなおかつある程度空いている場所も考慮に入れると良いのではないでしょうか。